Ubuntuで起動可能なWindows 10 USBを作成する方法

WoeUSBは、Ubuntuデスクトップに起動可能なWindows 10 USBスティックを作成するために使用する(奇妙な名前の)ツールです。 これはWinUSBという以前のツールのフォークです。

このツールは無料のオープンソースソフトウェアです。 このポストはグラフィカルなバージョンに焦点を当てていますが、GUIクライアントとCLIクライアントの両方として利用できます。

WoeUSBを使用すると、Windows Vista、Windows 7、Window 8、Windows 10など、最新のWindowsリリースのブータブルUSBを作成できます。このツールは、プロ、ホーム、N、32ビットなど、 ‘legacy’と ‘UEFI’の両方のブートモードで動作します。

高度な使い方のために、あらゆる種類のフラグとスイッチを持つWoeUSB CLIにダイビングすることができます。 あなたのほとんどはGUIクライアントを使ってうまくいくでしょう。

Ubuntuで起動可能なWindows USBを作成するには、以下が必要です 。

WoeUSBアプリ
USBフラッシュドライブ(最小4GB)
Windows 10 .isoファイル

マイクロソフトでは、WebサイトからWindows 10のディスクイメージをダウンロードできるようにしています。もしあなたがそれを持っていなければ、あなたは1つをつかむことができます。 OSを有効にして使用するには有効なWindowsライセンスが必要ですが、インストールUSBを作成するかインストールする必要はありません。

1. GithubからWoeUSBをダウンロードする

WoeUSBはGithubページからソースコードとしてダウンロードできます。 Ubuntuのユーザーは、必要なすべての依存関係を利用できるインストーラをダウンロードできますが、実際のインストーラはそこにはありません。

UbuntuにWoeUSBをインストールする最も簡単な方法は 、 Webup8 PPA からこれらのインストーラの1つをダウンロードすること です( 公式のPPAが途中にあります )。

WoeUSB for Ubuntu 17.04(64-bit)をダウンロード

http://ppa.launchpad.net/nilarimogard/webupd8/ubuntu/pool/main/w/woeusb/woeusb_2.1.2-1~webupd8~zesty_amd64.deb

Ubuntu 16.04 LTS(64-bit)用のWoeUSBをダウンロード

http://ppa.launchpad.net/nilarimogard/webupd8/ubuntu/pool/main/w/woeusb/woeusb_2.1.2-1~webupd8~xenial_amd64.deb

2. WoeUSBを実行する

WoeUSBをインストールすると、Unity Dash(またはデスクトップ環境が提供するメニュー)からアプリを起動できます。

アプリは使いやすい超シンプルです。

まず、ファイルセレクタを使用して有効なWindows 10 ISOイメージを選択し、インストールする正しいUSBドライブを「ターゲットデバイス」セクションから選択します。

「対象デバイス」セクションにUSBデバイスが表示されない場合は、そのデバイスが接続されていることを確認してから、「更新」ボタンをクリックして、接続されているデバイスのリストを更新してください。

3.ヒット・インストール

ロールバックの準備が整ったら、インストールしてください。

しかし、これを行う前に、最初に正しいドライブを選択したことを再度確認してください。 インストールプロセスでは、選択したUSBドライブの内容を再フォーマットしてワイプします。 そこに保存されているデータは失われます。

それ以外は、ツールが残りを行います。 ただコースを走らせてください。 完了したら、アプリケーションを閉じてUSBを取り出し、それを使ってWindows 10を別のデバイスにインストールすることができます。

元記事:http://www.omgubuntu.co.uk/2017/06/create-bootable-windows-10-usb-ubuntu
元記事にはUbutu16.04 17.04の32ビット版のリンクもあります。

 

紹介 一言居士

PCで便利なソフトなど紹介してますが、たまには日記も書いてます。

コメントは受け付けていません。

  • 初期費用なし/容量無制限のレンタルサーバー Z.com